takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

長渕剛の大阪ライブ初参戦(1980年)

f:id:takabonyade:20191217060546j:plain

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。

 

はてなブログを開設してから20日連続の投稿です。

 

早いものでもう20が経過したんですね。

 

毎日ブログを投稿するのも、少しは習慣になってきたような、なってないような・・・。

 

たかぼんが初めてギターを弾きだしたのは、高校1年になってからてす。

 

中学生の時に音楽の授業で習った事はありましたが、授業中に弾いてただけで、ギターを購入してまは弾いてませんでした。

 

でも高校生になっになってを弾き始めて、あっという間にギターのとりこになってしまいました。

 

当初よく歌っていた曲は、アリスの曲をよく弾き語りしていました。

 

アリスとは、谷村新司さん、堀内孝雄さん、矢沢透さんの3人のバントです

 

「今はもう誰も」が最初に弾きだした曲です。

 

ギターを弾きながら歌うというのは、気分が晴れていいもんです。

 

話は変わりますが、あなたもよくご存知の長渕剛さん、乾杯や勇次、とんぼ、しゃぼん玉、RUNなど数々の大ヒットを飛ばしてますよね。

 

1980年6月5日、ファンからの熱い要望により、アルバム「逆流」に収録されていた「順子」がシングルカットされ、リリースされました。

 

その「順子」がオリコンで見事に1位になりました。

 

ちょうどその日は、たかぼんが初めて剛のライブを見に行った日です。

 

高校からの帰りで、チケットも購入していなかったのですが、大阪フェスティバルホールへ直行。

 

入れるのかどうかも解らなかったけど、とにかく来てしまいました。

 

まだ順子がリリースされた当日だつたから、剛の知名度がまだそれほどでもなかったのが運の付き。

 

当日券もまだ販売されてました。

 

取り合えす、2階の立ち見席だけ残ってたようなのでゲット。

 

しょっぱなはやはり巡恋歌でした。

 

ギター1本での正にワンマンショー。

 

感動です!

 

ライブは着々と進行し、いよいよアンコールです。

 

アンコールの時は2階席から1階席の前方の方まで走って行きました。

 

そしてアンコールの曲がすべて終了しても、誰も帰りません。

 

ステージ上の機材がすべて撤去されても、剛のファンは帰りません。

 

延々と剛コールが続きます。

 

しびれを切らした長渕剛さんが、観客前に現れました。

 

「お前ら俺を殺す気かって!」と笑いを取り、最後は一本締めでファンも納得して帰りました。

 

あの当時から剛のファンは、猛烈に熱狂的でした。

 

すごいです。

 

素晴らしいです。

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。

 

ではまた!さようなら(^^)/~~~

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

▼今すぐTwitterをフォローする▼

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼