takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

スマホゲームアプリの中毒性とは?

こんにちは!たかぼんブログドットコムのたかぼんです。

はてなブログを開設してから78日目で59記事目になります。

 

 

スマホゲームアプリ

f:id:takabonyade:20200213194800p:plain

今やスマホのゲームアプリを使用している方の人口は計り知れないほどの人数だと思います。

ゲームをすること自体は楽しめたり気分転換になったりして良いことだと思います。

私もゲームを楽しんだりするので、ゲームをされる方の気持ちはよくわかります。

しかし最近はそのゲームのやり方が度を過ぎる場合があるようです。

そんなスマホゲームアプリの中で「荒野行動」と言うゲームアプリをご存知でしょうか?

私も最近知ったのですが、あっちこっちで社会問題にもなってきています。

かなり中毒性が高いゲームアプリだそうです。

内容は100人の戦士たちがパラシュートで地上に下りて来て殺し合いをするゲームだそうです。

殺し合いと聞いただけで子供たちにやらせたくないと思うのは私だけではないと思います。

そして全員を殺して自分1人だけが生き残るために戦うようです。

大人のユーザーが未成年者のユーザーに有料のアイテムをプレゼントして近寄って来る場合もあるらしいです。

アイテムをもらった未成年者は断り辛くなり、よく会話をする仲間になってしまったりするとのこと。

ひどい時は大麻の販売をしてくる犯罪者もプレーヤーの中に実在するらしいです。

被害に遭遇した未成年者もいるとのこと。

怖いっちゅうねん!

 

課金システム

f:id:takabonyade:20200213194828p:plain

その依存しやすい原因のひとつが課金システム(ガチャ)です。

課金システムとは文字通り有料でお金がかかるシステムです。

課金すれば無料ではなかなか手に入りにくいレアなアイテムを簡単に手に入れることが可能です。

課金でレアアイテムが手に入ると他のユーザーより強くなったりして一時的な優越感を得ることができます。

しかしその優越感も一時的なものでまたそれ以上のアイテムが出てきます。

するとまたそのアイテムを手に入れるために課金して新しいアイテムを手に入れます。

そしてまたそれ以上の新しいアイテムが次々に出てきます。

その繰り返しは永遠に続くためにキリがありません。

気がついた時の時間とお金の浪費は莫大なものになってしまうと言う具合です。

そして誰が稼いでいるのかと言うとゲームアプリを開発している方が稼いでいます。

ゲームアプリ開発者は少しでも課金をしたくなるような内容に作り上げているのですから課金している人は開発者にとってはありがたい存在になります。

しかしゲームアプリの開発者の方が悪いわけではありません。

課金した方の責任です。

しかしゲームアプリ開発者の方は思っているでしょう。

「してやったり!」は言い方が悪いかも知れませんが、売り上げが大きかったらそれなりに喜んでいるはずです。

ゲームをするのであればそう言った仕組みのことも、もう少し冷静になって考えておかないと取り返しのつかない大変なことになってしまう恐れもあります。

少なくともゲームのプレーヤーの中に犯罪者も潜んでいる事実があることだけは知っておいてください。

それを若い方にも説明してあげることが必要不可欠です。

 

時間はお金では買えない

f:id:takabonyade:20200213194850p:plain


ゲームをプレーするのは考え方によると思いますが、ある意味で時間の浪費だと私は考えるようになりました。

私も今ではゲームの時間を自分でかなり制限しています。←その分ブログを書いていますが。

何と言っても時間はお金では買えません。

いくらお金持ちになっても使ってしまった時間は絶対に取り戻すことは不可能です。

そう言う意味ではお金よりも更に貴重なものだと言うことを理解してほしいのです。

人生は一度きりだから

生まれ変わるなら生きてるうちに

「人生ラララ」by 長渕剛

この歌ええ歌やわ〜!

 

まとめ

f:id:takabonyade:20200213195023p:plain

誰もが楽しめるスマホゲームなのですが、ひとつやり方を間違えると怖い結果に繋がってしまいます。

どうか今ひとつスマホゲームアプリの使い方を検討していただけないでしょうか?

そして今の若い世代の方の明るい将来のためにも考えてあげなければならないと思います。

 

今日も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てたならうれしい限りです。

ではまた!さようなら(@^^)/~~~

 

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

 

▼今すぐTwitterのフォローする▼

 

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼