takabonblog.com

初心者がブログを成功するための最大のコツは何なのか?そのためにはどうすればいいのか?と言う筆者のブログ論もありき。また筆者の大好きな「カフェ」や「ベーカリーショップ」巡りなど筆者の実際にあった日々の行動など、筆者の覚え書き的な雑記ブログです。

3分でわかる【プリン】・【クリームブリュレ】・【パンナコッタ】・【ババロア】・【ムース】のちがいとは何?

絶品プリン

筆者は子供の頃から大の「プリン好き!」でした。

今でも大好きで、たまに「プリン」を食べることがあります。

特に「モロゾフ」とかの苦めの「カラメルソース」のものが大好きです。

ところで「プリン」・「クリームブリュレ」・「パンナコッタ」・「ババロア」・「ムース」の明確なちがいって何なのでしょうか?

なんとなく見たことも食べたこともあるとは思いますが、はっきりと明確な答えが言える方は少ないのではないでしょうか?

今日はそんなおいしいスイーツのそれぞれの個性を取り上げて解説していきたいと思います。

こんばんは!たかぼんブログドットコムのたかぼんです。

はてなブログを開設してから396日・379記事目・321日連続の投稿になります。

「プリン」とは?

カスタードプリン

「プリン」はイギリスで「プディング」という料理が転じて「プリン」になった和製英語です。

一般的には「カスタードプディング」のことを言います。

「プディング」はもともとはイギリスの船乗りが食料を無駄にしないようにと溶いた卵に余った肉や野菜を入れて煮込んだ洋風の茶碗蒸しのようなものでした。

この料理がイギリスの本土にも伝わって広まりました。

「カスタードプディング」ができたのはフランスだと言われています。

フランスでは「カスタードランヴェルセ」と言われています。

「ランヴェルセ」とはひっくり返すという意味です。

容器に入れた「プリン」をひっくり返して盛り付けるところからそう言われるようになりました。

「プリン」とは「カラメルソース」を型に入れその上から「カスタード」を入れて蒸したり焼いたりして固めて冷やしたスイーツのことを言います。

中にはゼラチンで固めたものもあります。

「カラメルソース」とは砂糖を高温で熱して作った焦げ茶色のソースです。

「カスタード」とは全卵・牛乳・砂糖を混ぜ香料を加えて煮詰めたクリーム状のお菓子です。

「プリン」のポイントは全卵と牛乳を使用し、焼プリンでなければゼラチンを入れる場合もあります。

「クリームブリュレ」とは?

クレームブリュレ

「クリームブリュレ」とは生クリーム・卵黄・牛乳・砂糖・香料などで作ったカスタードを容器に入れてオーブンで焼いて固めたものに砂糖を振りかけてバーナーの直火で表面を焦がしカラメル化にしたスイーツのことを言います。

「クリームブリュレ」は「プリン」のようにお皿にひっくり返して盛り付けるのではなく、容器に入れられたまま提供されることが多いです。

「クリームブリュレ」のポイントは全卵ではなく卵黄と生クリームを使用し、 カラメルソースではなく上に振りかけた砂糖をバーナーの直火で焦がしてカラメル化にします。

「パンナコッタ」とは?

パンナコッタのベリー添え

「パンナコッタ」の「パンナ」とはイタリア語で「クリーム」を意味します。「コッタ」とはイタリア語で「熱を通した」 を意味します。

要するに「調理したクリーム」という意味になります。

そうです、「プリン」や「クリームブリュレ」との大きなちがいは卵を使用していないところです。

「パンナコッタ」とは生クリーム・牛乳・砂糖を熱してゼラチンで固めたイタリア発祥のスイーツのことを言います。

「パンナコッタ」のポイントは生クリームとゼラチンが主な材料です。

「ババロア」とは?

ババロア

「ババロア」とは卵黄・牛乳・砂糖で作ったカスタードとゼラチン、泡立てた卵白と生クリームを合わせて型に流し冷やし固めたフランス発祥のスイーツのことです。

型をひっくり返してお皿に盛りつけて提供されることが多いです。

どちらかというと「プリン」の「カラメルソース」がない状態に少し似ています。

名前の由来はドイツの「バイエルン王国(バヴァリア)」の貴族のためにフランスのシェフが考察したところから「バヴァロア」が転じて「ババロア」と言われるようになりました。

「ババロア」のポイントは卵黄と牛乳と砂糖・卵白と生クリーム・ゼラチンが主な材料です。

「ムース」とは?

ハートのいちごとチョコレートムース

フランス語で「ムース」は「泡」という意味になります。

スイーツとしての「ムース」とは卵白を泡立てた「メレンゲ」と泡立てた生クリームを合わせて「フルーツピュレ」や「チョコレート」などを加えて味付けすることが一般的です。

「ババロア」と「ムース」の大きなちがいはゼラチンを加えるか加えないところです。

「ババロア」はゼラチンを加えて固めますが「ムース」はゼラチンを加えずに冷やして自然に固めます。

その分「ムース」はふわっとした軽い食感になります。 

「ムース」のポイントは卵白と生クリームが主な材料です。

まとめ

ターニングポイント

プリン」のポイントは全卵と牛乳を使用し、焼プリンでなければゼラチンを入れる場合もあります。

クリームブリュレ」のポイントは全卵ではなく卵黄と生クリームを使用し、 カラメルソースではなく上に振りかけた砂糖をバーナーの直火で焦がしてカラメル化にします。

パンナコッタ」のポイントは生クリームとゼラチンが主な材料です。

ババロア」のポイントは卵黄と牛乳と砂糖・卵白と生クリーム・ゼラチンが主な材料です。

ムース」のポイントは卵白と生クリームが主な材料です。

どれもおいしそうなスイーツなのですが筆者はやはり「カラメルソース」が苦めの「カスタードプリン」が一番大好きです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

レンタルサーバーなら【エックスサーバー】

アフィリエイトで収入を得るならA8.net

オンライン英語コーチ【スパルタバディ】

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼ブログランキングに参加しました▼

人気ブログランキングへ

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼