takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

リンゴジュースが発酵してリンゴソーダになる【非売品の無料の酵母】とは?

その酵母とは『パラダイス酵母』たるものです。

何それ?って思っている方がほとんどだと思います。

筆者も昨日まで知らなかったので多分まだ知らない人のほうが圧倒的に多いと思います。

筆者の家庭にも実の姉から昨日いただいたばかりです。

パラダイス酵母っていったい何?と思う方に、今回はそのパラダイス酵母の謎を解説させていただきます。

こんばんは!たかぼんです。

148日連続の投稿になります。

パラダイス酵母とは

f:id:takabonyade:20200707120532j:image

筆者は筆者の実の姉から縁があってこのパラダイス酵母をいただくことになりました。

家内と実の姉の会話の中で「パラダイス酵母」の話をしていました。

そしてその酵母で発酵したリンゴソーダを飲んでみると本当に100%のリンゴソーダになっていました。

リンゴジュースを強炭酸で割った場合、多少なりとも味が薄くなりますよね。

しかしパラダイス酵母で発酵させたリンゴジュースはまさしく100%の濃い味わいなのに発酵で炭酸飲料に変化しています。

もちろん今では機械を使ってジュースに炭酸を入れることも可能な時代になりましたが、自然発酵の場合はその酵母の力で身体にもいい効果があるように思えます。

機械でジュースに炭酸を含ませるのは炭酸ガスを圧力でジュースに含ませるのですが、酵母はもちろんのことで入っていません。

しかもその機械を購入するのも高価な金額がかかるし、炭酸ガスのボンベも使用して空になったら再購入する必要があります。

しかしこのパラダイス酵母はどこにも販売されていないので、持っている人から知り合いに伝わっている状態のものです。

なので一切の費用がかかっていない状態で人から人へ広まっているのです。

福島県【安斎果樹園】のシードル(リンゴ酒)が由来

f:id:takabonyade:20200707120547j:image

この酵母についてはネットでいろいろと書かれています。

元の生みの親は福島県で果樹園を運営されている方が発端とされています。

あんざい果樹園

現在は北海道に移住されているのですが、安斎果樹園の安斎伸也さんがこの酵母の生みの親だそうです。

2007年に福島の安斎果樹園(安斎伸也さん)のりんごから作ったシードルの中で、天然で発酵したのが始まりです。それからりんごジュースをかけつぎながら10年以上、現在まで培養しています。

引用:facebook#パラダイス酵母 杉山開知さんの投稿より

 この酵母の生みの親の情報源です。

ここでわかることは10年以上もかけて発酵したリンゴジュースをかけつぎし続けていたことだけです。

自然にできたシードルの酵母を大切に培養し続けてたのでしょうが、その成分の分析などはされていなかったと思います。

その酵母がなぜパラダイス酵母という名前になったのかは謎です。

さらにいろいろと調べてみると名前の由来もわかってきました。

『パラダイス アレイ』という天然酵母のパン屋さん

f:id:takabonyade:20200707120601j:image

ここのパン屋さんの代表者の勝見淳平さんがこの酵母の育ての親と言えます。

このパン屋さんの名前からパラダイス酵母と名づけられたのでしょう。

パン屋さんなので酵母を育てることのプロです。

お店の情報はこんな感じです。

PARADISE ALLEY BREAD & CO (パラダイス アレイ ブレッドカンパニー)

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-13-10

電話番号 0467-84-7203

bread-lab.com

パラダイス アレイ ブレッドカンパニーの代表者の勝見淳平さんです。

一風変わったパン屋さんですが、酵母菌にかなりのこだわりがありそうな感じです。

地球暦考案者の杉山開知さん

f:id:takabonyade:20200707121229j:image

そして最後にもう一人紹介したいと思います。

地球歴研究科の杉山開知さんです。

この杉山開知さんが何をしたかというとパラダイス酵母に「バシラスF菌」というすごい菌を添加したそうです。

この酵母は2010年に鎌倉のPARADISE ALLAY(勝見淳平さん)よりいただいたものです。

ー中略ー

それに「不老不死」の菌と言われる、バシラスFという枯草菌の一種(乳酸菌や納豆菌などの祖先)を加えています。菌の原液は研究者経由でいただいたものです。

引用:facebook#パラダイス酵母 杉山開知さんの投稿より

バシラスF菌とは350 万年以上の永久凍土から発見された不老不死の菌だそうです。

マンモスと同じ地層から発見されたこの神秘的な生命力が、腸内環境に素晴らしい恵みを届ける枯草菌の一種【乳酸菌や納豆菌などの祖先】だそうです。

そんなすごい菌をパラダイス酵母に添加した杉山開知さんが素晴らしいですね。

350万年以上前の死なないバクテリア「バシラスF菌」を顕微鏡で見ている杉山開知さんのYouTubeビデオもありますのでご覧ください。

ポイント

f:id:takabonyade:20200707120624j:image

以上の3人

  • 安斎果樹園の安斎伸也さん
  • パラダイス アレイ ブレッドカンパニーの勝見淳平さん
  • 地球歴考案者の杉山開知さん

によってあみだされたスーパー酵母の「パラダイス酵母」が世間の人から人へと伝わって筆者の家庭にまで届いたと思えばすごく不思議な感じがします。

このパラダイス酵母をもっと世間に広めたいという意識から今日のこの記事を書かせていただきました。

筆者は実の姉の「どこでも笑い隊 ラフターヨガ クラブ」の代表"笑みぽん"からいただいたのですが、この記事をお読みくださっているあなたにもぜひおすそ分けしたい気分です。

100%のリンゴジュースがパラダイス酵母(バシラスF菌入り)によって発酵し、おいしいリンゴソーダになります。

それを毎日飲んで健康的な人生を送ろうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼