【寿司】と【鮨】と【鮓】の違いとは何?読めばスッキリ!

イワシの握り鮨(にぎりずし)

こんばんは!たかぼんブログドットコムのたかぼんです。

はてなブログを開設してから437日・420記事目・362日連続の投稿になります。

あなたは「寿司」がお好きですか?最近は「回転寿司」などのチェーン店が増えてリーズナブルなお値段で「寿司」を食べることができるようになりましたよね。

さてその「寿司」なのですがパソコンで「すし」を漢字に変換してみると「寿司」や「鮨」・「鮓」などいろいろな漢字が出てきます。

今回はそんな「寿司」と「鮨」と「鮓」の意味のちがいや使い分けを調べてみたので解説していきたいと思います。

読めばスッキリとするのでご参考にどうぞ。

「鮓」とは?

鮒鮓(ふなずし)

「鮓」とは「すし」の漢字の中で最も古い標記です。

もともとは魚介類を塩漬けにして乳酸発酵させた保存食品のことを指します。

のちに乳酸発酵を早くするために米飯を一緒に漬けるようになったのが始まりだと言われています。

現在では酢飯を用いられていることが多いのですが、もともとは乳酸発酵で酸味を出すことが本来の「鮓」の形態です。

「鮓」の代表的なものに「熟れ鮓(なれずし)」があり、「熟れ鮓」は主に魚を塩と米飯で乳酸発酵させた食品です。

「熟れ鮓」の代表的な一種に「鮒(ふな)」を使用した「鮒鮓(ふなずし)」があります。

「鮒鮓」は古代から琵琶湖産の「煮頃鮒(にごろぶな)」などを主原料として作られ続けている旧・近江国(現在の滋賀県)の郷土料理として有名です。

「熟れ鮓」の一種には「鮒(ふな)」を使用した「鮒鮓(ふなずし)」の他にも「鯖(さば)」を主原料として作られているものを「鯖鮓(さばずし)」と言います。

「鯖鮓」を食べる習慣は、九州・中国・四国・近畿・北陸と幅広く見られます。

「鮓」は「熟れ鮓(なれずし)」や「鮒鮓(ふなずし)」・「鯖鮓(さばずし)」・「鮎鮓(あゆずし)」などの発酵食品に使われる漢字なので、関西系の「すし」のことを「鮓」と書かれる場合が多いです。

「鮨」とは?

江戸前握り鮨

「鮓」の次に古い標記が「鮨」で、もともとは中国で「魚の塩辛」のことを指していたために、日本では「鮓」も「鮨」も「すし」と言って同じものを指していました。

現在では酢飯を握り刺身などの魚介類を用いたものを「鮨」と呼ばれています。

「鮓」は「熟れ鮓」や「鮒鮓」などの関西系で使用されることが多いのですが、「鮨」は「江戸前握り鮨」や「押し鮨」などの江戸前系に使用されることが多いです。

「寿司」とは?

おいしそうな太巻きと稲荷寿司

「寿司」とは江戸時代に「縁起担ぎ」で作られた当て字で、「寿を司る」の意味から由来しています。

現在我々が思い浮かべる「すし」のことを指しています。

「鮓」や「鮨」には漢字に「魚へん」が使われていることから「ネタ」には必ず「魚介類」を使用しないとこの字は使いにくいのですが、「寿司」は例え「魚介類」を使わなくても当て字なので幅広く使えます。

例えば「稲荷寿司」や「かっぱ巻き」・「五目寿司」・「手巻き寿司」・「回転寿司」などにも使えます。

このように「すし」の種類を問わずに使えることや「縁起担ぎ」の意味でもあることから、現在ではこの「寿司」の標記が最も一般的に使用されています。

まとめ

巻き寿司

「寿司」と「鮨」と「鮓」の意味のちがいと使い方について、お話をさせていただきました。

  • 「鮓」:もともとは魚介類を塩漬けにして乳酸発酵させた保存食品
  • 「鮨」:現在は江戸前系の魚介類を用いた「すし」のこと
  • 「寿司」:現在我々が思い浮かべる幅広い「すし」のこと

日本語の意味って深くて面白いですよね。

あなたも次回「すし」を食べる時には「寿司」と「鮨」と「鮓」のことを話題にされてはいかがでしょうか?きっと幸せなひと時になることと思います。

www.takabonblog.com

www.takabonblog.com

www.takabonblog.com

www.takabonblog.com

www.takabonblog.com

www.takabonblog.com

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

レンタルサーバーなら【エックスサーバー】

アフィリエイトで収入を得るならA8.net

オンライン英語コーチ【スパルタバディ】

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼ブログランキングに参加しました▼

人気ブログランキングへ

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼