takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

ブログを継続するための最強の言葉とは?

こんにちは!たかぼんブログドットコムのたかぼんです。

はてなブログを開設してから87日目で68記事目になります。

 

私を含めてブログ運営を始めて間もない初心者にしたら継続することが結構たいへんだと思います。

ブログ運営を成功させる最大のコツが「継続」することです。

そしてブログを継続させるための最強の言葉とはズバリ!

 楽しむ

と言うことです。

この楽しむと言うことで人生が大きく変化してしまいます。

人は感情の動物です。

感情ひとつで幸せになったり不幸になったりもします。

それであれば幸せに生きた方が絶対に良いに決まってます。

ちなみに今日2月22日はにゃんこの日です。←関係ない

 

 

1つめの好きな言葉

f:id:takabonyade:20200221055141p:plain

私が小学校5年生の当時に学校からの林間学舎で和歌山県高野山に行った時のことです。

その時にお土産ショップで見かけたあるグッズを買いました。

それは漢字2文字のキーホルダーで「努力」と書いてありました。

幼かった私はそのキーホルダーを自分の母親に見せました。

それを見た母親は「努力って言葉が好きなんか?」と私に問いかけました。

私は迷わず「好き」と答えました。

実際にそれ以来ずっと努力って言葉が好きになっていました。

努力をしたからと言っても必ず成功するとは限りませんが、成功の可能性はあります。

逆に努力を全くしなければ成功への道が閉ざされるだけです。

これはブログ運営にも当てはまります。

「努力」を「ブログの継続」に置き換えるとこのようなります。

ブログの継続をしたからと言っても必ず成功するとは限りませんが、成功する可能性はあります。

逆にブログの継続を全くしなければ成功への道が閉ざされるだけです。

となりますね。

努力と言う言葉が好きであると言うことは未だ変わりません。

あなたもブログの継続の努力を怠らないでください。

そして成功への道が開けてくることを信じてください。

 

2つめの好きな言葉

f:id:takabonyade:20200221055213p:plain

もう一つの好きな言葉が私がまだ20歳過ぎ頃に社員として働いてた時のことです。

私の友達がアルバイトとして働きに来てた当時に言っていた言葉で「仕事は楽しみながらすることが俺のモットーや!」です。

勘違いをしてはいけないのですが、怠けてても良いと言ってるわけではないんです。

あくまでも努力をしながら、楽しく仕事をすすめていこうとと言う肯定的な意味合いなんです。

当時はそんなに詳しい説明ができていなかったため、少し勘違いされていたのかも知れません。

仕事を楽しみながらすると言うこともブログ運営に当てはまります。

仕事にしろブログ運営にしろ楽しんでやっていると自分の力がどんどん成長するからです。

苦しんでやったところでなかなか成長のきざしが見えて来ないものです。

仕事もブログ運営もそのあたりは共通していると言うことです。

 

もう少し詳しい最強の言葉

f:id:takabonyade:20200221055235p:plain

上に書いた2つの言葉を組み合わせたら本当に最強になります。

もちろん仕事にとっても最強の言葉ですが、ブログ運営にとっても最強の言葉だと言えます。

要するに「努力」を「ブログ運営の継続」に変換するとこうなります。

楽しんでブログ運営の継続をする人は、成功への可能性がより高くなります。

苦しんでブログ運営の継続ができなかった人は、成功への道が閉ざされてしまいました。

以上

 

まとめ

人は自分の心をコントロールできる特殊な動物です。

苦しむ必要なんて何もないのです。

世の中楽しんで「なんぼ」のもんです。

楽しんでブログ運営をしてなんぼのもんです。

楽しむだけでボロ儲けですよ。

あなたもポジティブになって楽しんでみてください。

きっと良いことが待ってると思いますよ。

お金持ちが勝ち組ではなく前向き人生こそ勝ち組です。

ぜひみんなでブログを書いてみんなで楽しみましょうよ。

 

今日も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てたならうれしい限りです。

ではまた!さようなら(@^^)/~~~

 

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

WiFi業界最安値 無限限利用のwifi【Mugen WiFi】の申し込み

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

 

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼