takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

大阪のソウルフード5選

こんばんは!たかぼんブログドットコムのたかぼんです。

はてなブログを開設してから112日・94記事目・37日連続の投稿になります。

新型コロナウイルスの影響で世界が鎖国状態の中、大阪だけでもイベントを行なって元気になろうとしている動きが見えています。

浪花のあきんどが世界の先頭に立って頑張るぞ!

その大阪ですが大阪名物の食べ物と言えばあなたは何が好きですか?

食いだおれで有名な大阪ですが、今日は大阪名物の食べ物についてコミットしていきます。

あくまでも私の独断と偏見で書いています。

あなたの好きな大阪のソウルフードは何かな?

【目 次】

タップできます

  1. 5位
  2. 4位
  3. 3位
  4. 2位
  5. 1位

 

5位焼肉

大阪には焼肉で有名な町があります。

その名もご存知「鶴橋」です。

鶴橋は大阪市生野区に位置し、全国で最も韓国籍の人がたくさん暮らしている地域になります。

JR鶴橋駅の下にはチェーン店ではない個人店の焼肉屋さんがずらりと並んでいます。

町の中にはコリアタウンと言って韓国のお店がたくさん並んでいる町もあります。

しかしおすすめの店は鶴橋ではなく「焼肉まるしま心斎橋店」です。

最初からちょっと意表を突いた攻撃です。

あくまでも私の独断と偏見で書いています。

地下鉄御堂筋線「心斎橋」または「本町」

地下鉄堺筋線長堀橋」または「堺筋本町

それぞれの駅から徒歩5〜10分と立地条件も良し。

夜は焼肉ですが昼はご飯のおかわりが無料のランチタイムもやっています。

 

4位串カツ

串カツは生ビールとベストマッチします!

ソースは2度づけ禁止!

私は子供の頃からよく連れて行ってもらってた懐かしの串カツ屋があるんですよ。

地下鉄四ツ橋選「花園町」から徒歩3分の場所にある「ひげ勝」です。

ここのお店は昔からえらい人気で夕方5時にはすでに満席状態になって店の前でいつも30分ほど待ってから店内に入ってました。

ここは串カツもうまいのですがなんと言ってもここのどて焼きが最高にうまいっす。

いつも私は最初にどて焼きを注文します。

筋肉とコンニャクで一味唐辛子を振りかけていただきます。

 

3位きつねうどん

これまたうまい大阪のソウルフードきつねうどん!

甘く炊いたうすあげがたまらなくおいしいです。

私のおすすめのお店は地下鉄四ツ橋線「花園町」から徒歩2分の「こんぴらさん」です。

花園町・鶴見橋商店街 うどん こんぴらさん

ここのお店は子供の頃からしょっちゅう食べに行ってました。

ここは店内でうどんを手打ちで作っています。きつねうどんを注文するとうどん玉にあげさんをのせてお出しをかけてくれます。

ネギと天かすと七味唐辛子は自分でトッピングします。

 

2位お好み焼

大阪のソウルフード第2位はお好み焼き!

ご家庭でも手軽に楽しめるお好み焼きですが、やはりおすすめのお店がうまい!

私のおすすめは地下鉄四ツ橋線「花園町」徒歩2分の「のぐち」です。

ここのお店も子供の頃からお店の常連客でした。

お好み焼きのミックス(エビ豚イカ)焼きを注文して作ってもらう前に、焼きそばが早いので前菜に焼きそばを食べてメインにお好み焼きを食べます。

これまたビールにピッタリです。

 

1位たこ焼き

堂々の第1位はやっぱり大阪のソウルフード中のソウルフード「たこ焼き」です。

昔は近所のおっちゃんが焼いてくれるたこ焼き屋さんでよく買ってました。

いつの間にか家庭でもたこ焼き機を持つようになってから家のたこ焼きも食べるようになりました。

おすすめのお店は今は営業していませんが地下鉄四ツ橋線「花園町」から鶴見橋商店街を左に入り途中で右に曲がったところにある自称「塩としょうゆ」ってたこ焼き屋を紹介したかったのです。

しかしそこのおじいちゃんはもう引退したのかお店はもう営業していません。

そりゃー私が小学校の時にすでに結構いい歳だったので今では90歳をゆうに超えていると思います。

永遠に忘れないお店です。

今まで生きてきて一番美味しかった食べ物なんです。

それがここのたこ焼きです。

 

今日も最後までお読みいただきまして本当にありがとうございます。

少しでもあなたのお役に立てたならうれしい限りです。

ではまた!さようなら(@^^)/~~~

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼