takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

筋肉量が増えると脂肪がつきにくくなる?

筋肉量が増えると脂肪がつきにくくなります。

こんばんは!

たかぼんブログドットコムの

たかぼんです。

はてなブログを開設してから

198日・181記事目・123日連続の

投稿になります。

f:id:takabonyade:20200612192100j:image

筋肉量が増えると基礎代謝量は上がる?

f:id:takabonyade:20200612191736j:image

筋肉量が増えると基礎代謝量は上がります。

ダイエットをしているとよく基礎代謝って言葉をよく聞かれると思います。

では基礎代謝とはいったい何なのでしょうか?

基礎代謝とは体温の維持・心臓・呼吸など、人が生きて行く上で最低限必要なエネルギーのことを言います。

我々が生きて行くだけで消費されるエネルギーです。

1日の消費するエネルギーの約70%がこの基礎代謝が占めています。

体脂肪を減らすにはエネルギーの消費が必要なので、この基礎代謝が注目されています。

肥満のきっかけとなるのが筋肉量の減少?

f:id:takabonyade:20200612191747j:image

肥満のきっかけとなるのが筋肉量の減少です。

筋肉量が減ると体温の維持をするのに体脂肪がついてます。

そのため筋肉量が少ないと太りやすい身体になるのです。怖いですよね。

太りにくい身体をつくるためには、運動は不可欠と言うことになります。

どんな運動がいいの?

f:id:takabonyade:20200612191758j:image

私のおすすめはいつも言ってるのですが、

  • ストレッチ
  • 腹筋
  • 背筋
  • スクワット
  • ダンベル体操

などです。

プラスアルファでウォーキング(有酸素運動)です。

まず身体の筋肉をリラックスさせてよく伸ばして上げることで運動によるケガをしにくくします。

そのために最初にストレッチをすることが大切です。

次に筋肉への負荷をかける運動をします。

腹筋・背筋・スクワット・ダンベル体操です。

筋肉量を増やしたい方は、その後のウォーキング(有酸素運動)はしない方がいいです。

逆に体重を早く落としたい方は、その後のウォーキング(有酸素運動)をして更に体脂肪を燃焼させてください。

順番で言うと

  1. ストレッチ
  2. 筋肉への負荷
  3. 有酸素運動
  4. ストレッチ

と言う感じで進めてください。

特にストレッチは十分行う必要があります。

よくストレッチは運動量が少ないからと飛ばしてしまわれる方が多いのですが、ケガをしてからでは遅いのでストレッチは必ず行ってください。

運動後はすぐにお風呂に入らないようにしてください。

お風呂に入ってしまうと、脂肪燃焼のために体温を自ら上げているのに、お湯で温まってしまうと脂肪燃焼の効率が悪くなります。

ですのである程度身体が冷めてからお風呂に入ることをおすすめします。

その方が心臓にも優しいです。

ポイント

f:id:takabonyade:20200612191812j:image

筋肉量が増えれば基礎代謝量が上がります。

基礎代謝量が増えれば脂肪がつきにくくなります。

あなたも今日から無理な食事制限はやめて、運動によるダイエットを心がけてください。

必ず成功へと導かれます。

では1年後のあなたの体型を楽しみにしています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼