takabonblog.com

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。たかぼんが経験してきたことをあなたに少しでもお伝えして少しでもあなたのお役にたてたなら、うれしい限りです。よろしくお願いいたします。

ブログを継続するにはどうすればいいのか?考え方ひとつで変わってくること

ブログを継続するにはある考え方が理解できれば継続が可能になってきます。

こんばんは!

たかぼんブログドットコムの

たかぼんです。

はてなブログを開設してから

221日・204記事目・146日連続の

投稿になります。

ブログは時給労働ではなく資産構築である

f:id:takabonyade:20200705103046j:image

時給労働は働けば働くほど収入が手に入りますが、働けなくなると収入ががストップしてしまいます。

資産の構築はすぐにはお金になりませんが、一度儲かるようになってしまえば働けなくなっても構築した資産が勝手に儲けてくれるようになります。

つまり将来的に考えると不労所得が可能になってきます。

人生の将来を考えるとどっちを優先させた方がいいかは必然とわかってくると思います。

ブログを長く継続して更新し続けることも資産の構築と言えると思います。

そしてそれを理解してブログを始めようと思う人は数多くいます。

しかし多くの人は途中でブログは儲からないと判断してやめてしまう人がほとんどなのは大変にもったいないことです。

儲からないのは資産の構築(儲かる仕組み)ができていないから

f:id:takabonyade:20200705182148j:image

多くのブロガーが途中でブログをやめてしまうのはブログで収入が出ると思ってやってみたけれど、期待とは裏腹になかなか稼げないことに気がついてブログをやめてしまうことです。

これではそれまで書いてきた記事が無駄になってしまいます。

本当においしい部分までたどり着かずにブログの継続を断ってしまうのです。

儲かる仕組みを作るには記事数を増やすことと、良質のコンテンツが盛り込まれた記事を書くことが大事なことになります。

この両方を押さえないと資産の構築にはなかなか結びつかないのではないでしょうか。

まずは質より量を重視して記事数を増やすこと

f:id:takabonyade:20200705182403j:image

良質なコンテンツの記事を突然書けといわれても、そんなに簡単に書けるものではありません。

最初はまず記事の内容よりも記事の数を大量に作ることを心がけて、とにかく記事数を増やす意識だけでもいいと思います。

そしてブログは毎日更新が基本と筆者は考えています。

100-300-1000の法則をご存じでしょうか?

ブログで言うと100記事-300記事-1000記事前後にそのブログが大きく成長していくと言われています。

100記事を達成するとある程度の人が毎日そのブログを見てくれるようになります。

そして300記事を超えると検索エンジンでも数ページは検索結果に表示されアクセスが増えてきます。

さらに1000記事を超えると検索エンジンの1ページ以内に表示される記事も増えてきて数万PV以上のアクセスが期待できます。

そこまで記事数を増やし続けると必然的に文章力も上達してくるのは言うまでもないことです。

その間に少しずつコンテンツの質を上げて行けばいいのです。

まとめ 考え方が理解できればブログの継続が可能になりやすい

f:id:takabonyade:20200705182638j:image

ブログは時給労働ではないのですぐには収入がでないことを理解して、長く継続することが重要です。

儲からないのは資産の構築が中途半端なので、書き続ける作業を継続できる忍耐が必要です。

最初から良質のコンテンツを書こうと思うと記事が書けなくなるので、まずは質より量を意識して100記事を目指しましょう。

100記事-300記事-1000記事の法則を意識して毎日更新を心がけるといいでしょう。

計算すると約3年で1000記事に到達することになります。

良質のコンテンツを盛り込んだ記事はその後でもいいと思います。

とにかくまずは大量に記事を書いて継続させることに集中していけばいいのです。

収入がすぐに欲しければ時給労働した方がずっと早いです。

しかし数年先あるいは十数年先のことを夢見てみると、輝いている自分自身のブログがあればいいなと思いませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【ロリポップ】

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼