ミステリアス、中原めいこの現在は・・・?

f:id:takabonyade:20210828104247p:plain

今回は知る人ぞ知るあの「中原めいこ」の現在はどうなったのか?1988年ニューヨークに渡って突然活動休止に!その後の消息が不明なままで、彼女はいったいどこで何をされているのでしょうか?

なんとネット界隈のうわさでは「中原めいこ死去説」までの噂が広がっています。しかし実際にはそんなニュースなど見たこともありません。

もし死去説が正しければあれだけ有名な人なのですから当然のごとくニュースなどで報道されているはずです。なので死去説に関してはほぼないと断言してもいいと筆者は考えています。

それであれば彼女はいったいどこへ行ってしまったのでしょう?まぁ~その話はこっちに置いといて、今回はとにかく少し昔の中原めいこさんのことを思い出して、楽しかった昔のことを振り返ってみましょう。

こんばんは!takabonblog.comのたかぼんです。

筆者がまだ17~24歳(1980~1987年)当時は、音楽がとても大好きで、チャゲアスや長渕剛・中原めいこ・レベッカ・バービーボーイズなどのライブにはよく行っていました。

そんな中で今回は、筆者が組んでいたアマチュアバンドの「LEO」や、その友達のバンドの「マリンウインド」のメンバーも大好きだった、中原めいこさんに焦点を当てて解説させていただきたいと思います。

中原めいこさんの曲を筆者がよく聴くようになったのは、筆者の友達バンドのマリンウインドのボーカルのなおこ姉ちゃんから教えてもらってからです。

まだヒット曲らしいヒット曲がない時期で、もちろん例のあのヒット曲もまだリリースされる前のことです。

1980年代に日本中を一世風靡した彼女。

1988年にニューヨークへ渡って活動休止・・・。

ミステリアスな疑問を残したまま、今はどこで何をしているのでしょうか?

そんな中原めいこさんの懐かしいヒットナンバーなどを、筆者が紹介していきたいと思います。

多分ですが、筆者に近い年代の人であれば、あの大ヒット曲ぐらいはご存じかなと思っています。

なぜかこんな話題になると、どんどん文字を書くのが早い自分がいるのに気が付きました(笑)

やっぱり自分の好きなジャンルは、書いていても楽しいですね。

それでははりっきってどうぞ!

デビュー曲「今夜だけDANCE・DANCE・DANCE」

f:id:takabonyade:20200815142845j:image

1982年4月21日にリリースされた「今夜だけDANCE・DANCE・DANCE」、伴奏のしょっぱなのラテンパーカッションのサウンドがとてもいいです。

聴いた瞬間にテンションが100倍ぐらいにあがります。

この当時の筆者はと言えば、無事高校は卒業したものの、大学受験に落ちてしまい、浪人時代を迎えていました。

天王寺のECC予備校に通っていましたが、まったく勉強する意思もなかった、どうしようもないぐらいのバカでした!

筆者の暗い過去の話はさておき、この「今夜だけDANCE・DANCE・DANCE」、久しぶりに聴いてみたくなりました。

筆者がまだ18歳と11か月(ほぼ19歳)と言う若かりし時代です。

この曲はこの後に紹介する、ファーストアルバム「Coconut House」の1曲目に収録されています。

ラテンパーカッションにピアノの音色がピタっ!と合ってますよね。

ブログを書いてる間に、YouTubeで「今夜だけDANCE・DANCE・DANCE」を聴いてしまいました( ´∀` )すみませんm(_ _"m)

当時の人たちはトロピカルサウンドって言ってました。

海辺へカップルで行くときなんかに、車の中でこの曲が鳴ると、思わずアクセルを踏み込んでしまいそうに・・・なったらあかんです(;´∀`)

ファーストアルバム「COCONUTS HOUSE」

f:id:takabonyade:20200815142855j:image

このアルバムは、同年度の7月1日にリリースされたものです。

懐かしい曲・曲・曲・・・です。

以下が「COCONUTS HOUSE」の収録曲です。

  1. 今夜だけDance・Dance・Dance
  2. Sunset Freeway
  3. バカンス
  4. 涙のスロー・ダンス
  5. 恋はサンバにのせて…
  6. タイムリミット
  7. GEMINI
  8. ほんのちょっぴり Old man
  9. City Night
  10. Come back to me

全部いい曲なんですが、個人的に好きな曲は、「Sunset Freeway」や「バカンス」あたりが特にいいかなと思います。

当時はLPレコードと言って、ジャケットがすごく大きかったです。

中のレコードにも、キズをつけないように慎重にあつかう貴重なものでしたね。

筆者もバイトで貯めたお金でよく買いましたよ!

アルバムは6枚ぐらい持っていましたが、一番よかったと思ったアルバムは、セカンドアルバムの「2時までのシンデレラ」でした。

そして中原めいこデビューから2年後、あの名曲が世の中に広がって、一世を風靡しました。

さてその名曲とは・・・。

大ヒット曲「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」

f:id:takabonyade:20191215145017j:plain

遂にやってきました!中原めいこ歴代№1大ヒット曲!「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」です。

栗原景子さんが出てた、カネボウ化粧品レディ80ファンデーションの、CM曲にこの曲が抜擢されて、一躍大ヒットしました。

この曲をリリースして以来、テレビの歌番組で引っ張りダコになり、一躍有名人になったと思います。

筆者はこの曲が大ヒットする前の段階で、ライブを見に行ったりしてたので、ヒットした時はちょっと信じられないようなうれしい気持ちになりました。

ほんまにあっちこっちの歌番組で出演してました、

♪うれし恥ずかし真夏のう~わ~さ~~♪

レコード売り上げが27万枚、ザ・ベストテンでの最高順位が6位まで上昇しました。

ザ・ベストテンと言えば、当時の国民的な歌番組だったと言えますよね。

まあその後もヒットを連発していた中原めいこさんですが、ある日・・・。

突然の活動休止・・・その訳は?

f:id:takabonyade:20200815142919j:image

びっくりしましたよ!はっきり言って!

活動を休止してニューヨークに渡ったらしいです。

ニューヨークって遠いすぎるやないですか!

もうテレビでも見られへんのかいなと思うと寂しなりますわ!

中原めいこさんの、ネット上の情報はほんまに皆無なんでしょうか?

2021年5月17日現在、世界はみんなコロナ禍の中でいったい彼女はどこで何をしてるんでしょうか?

ネット上の記事では、「中原めいこ死去!」説まで、うわさされているのをよく見かけます。

しかし世の中にはたくさんの中原めいこファンがいます。

彼女が元気に生活をしてるという情報を知りたいのは、筆者だけではなく、たくさんファンたちが待ち望んでることです。

ご安心ください!筆者は中原めいこ死去はありえないと断言します。

物理的に考えてあれだけ有名な人がお亡くなりになられたら必ずメディアに報道されることは間違いないからです。

中原めいこさんのメロディーラインと言えば、他に類を見ない超越した才能が秘められているように感じさせます。実に素晴らしい!もうかなりの年齢に達しているのですが、再びあの歌声を聴かせてほしいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【エックスサーバー】

レンタルサーバーなら【ロリポップ!】

アフィリエイトで収入を得るならA8.net

アフィリエイトで収入を得るなら「もしもアフィリエイト」

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼ブログ村に参加しました▼

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ(2021年9月9日17:00より)

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼