1983年バンド活動のきっかけ~LEO結成!

f:id:takabonyade:20191227204459p:plain

こんにちは!takabonblog.comのたかぼんです。

これからお話することは1983年に筆者が加入していたLEOというバンドが結成されるまでのことを書かせていただきます。

あるライブがLEO結成のきっかけに

1983年の春に筆者が予備校に通っていた時の友達の「I 」に、「俺の知り合いがライブするから見に来てくれへんか?」と言われたのでOKを出して見に行く事になりました。

ライブの当日、筆者の高校時代の友達の「MU」と「SK」を誘って、ライブを見に行きました。

晴れ渡った野外ステージの上に、「春らんまんコンサート」の横断幕が張られていました。

「I」の知り合いは三人組の女の子のバンドで「ひょっこり」と言うバンド名です。

何の歌を披露してくれるのかと思って聴いていたら、なんと筆者が大好きなチャゲアスの歌を演奏してくれました。

当日ライブを見に行った三人(MU・SK・筆者)ともチャゲアスファンだったので、ステージの進行状況をじっくりと拝見させていただきました。

メンバー構成は、ボーカル&ギターが二人とキーボードが一人でした。

ASKA担当のボーカルの声が、とても澄んだ声でパワフルでとても良かったです。

しかし筆者が高校時代にチャゲアスのコピーを、フルバンドで演奏した経験があったので、筆者やったらフルバンドにして、もっと迫力のあるライブができるのではないかと、ふとそういう思いが心をよぎりました。

バンド活動をやりたい!ライブをやりたい!筆者の心がそう叫んでいました。

 

遂にバンド結成への行動開始

さっそく我々三人はバンドメンバーの公募をしました。

CHAGE担当がハゲ&レスカのハゲを担当してたということで、筆者がすることに、そして問題はASKA担当です。

ハゲ&レスカ時代のASKA役を担当したのは「MU」です。

しかし「MU」がそのままASKA担当になると、「SK」のできる担当がなくなるため、ASKA担当は「SK」がすることになりました。

そしてピアノの独学で大阪芸大に入った「MU」が、ピアノ&キーボード担当をすることに、ちょっとホッとしました。

そして「SK」の大学の友達に「AOくん」と言う知り合いがいて、リードギターができるらしいので、「AOくん」に連絡をして快諾。

残りはベースとドラムだけ、最も大切な部分です。

メンバー公募で連絡をしてくれたのは、ベースができる「FN」という高校1年生の男の子でした。

そして「「FN」の知り合いがドラムの「OK」を紹介してくれてメンバーが揃いました。

  • リードギター 「AOくん」
  • ベース 「FN」
  • キーボード 「MU」
  • ドラム 「OK」
  • ボーカル&ギター 「SK」と筆者です。

LEOが結成!

 

ライブ開催への道

1983年6月26日に初めてスタジオで練習開始。

その数日後、ライブを行うために、「ハート&ハート」というサークルに入る。

初練習から2か月後の8月26日に初ライブと、とんとん拍子でライブをすることになりました。

参加バンドは10組いました。

その中でLEOが演奏するのは確か6番目だったと思います。

演奏した曲はすべてチャゲアスの曲で、下記のとおりです。

 

  1. 放浪人(TABIBITO)
  2. マリオネット
  3. 魅惑
  4. 悲炎
  5. 幻夜「この曲はアンコール」
  6. 終章(エピローグ)「この曲は予定外の曲でした(笑)」


ライブで歌うのは、それはそれは最高の気分でした。

そして我々LEOは、観客のアンケート投票で10バンド中1位を獲得!

やった~!うれしい~!最高~!と言う気分でした。

打ち上げで表彰されて、またうれしい気分でした。

皆さんありがと~~~~!

LEOはその後も活動を続けました。

 

いや~しかしほんまに懐かしい思い出です。
ぜひまたこんなことができたらな~と思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝いたします。

少しでもあなたのお役に立てたらうれしいです。

ではまた!

はてなブログの方は

読者登録をお願いします(^_-)-☆

ブログを始めるなら【はてなブログPro】

ドメイン取るなら【お名前.com】

レンタルサーバーなら【エックスサーバー】

アフィリエイトで収入を得るならA8.net

アフィリエイトで収入を得るなら「もしもアフィリエイト」

▼今すぐTwitterのフォローをする▼

▼ブログランキングに参加しました▼

人気ブログランキングへ

▼この記事を今すぐSNSにシェアする▼